« 素人さんが雷ちゃんを作ってみた。 | トップページ | 東方コレクトと段階的アップデート »

大妖怪展

今日は三井記念美術館で大妖怪展を見てきました。

東方ユーザー的には秦こころちゃんの面を見るというのが一番でかい目的でしたが、

秦こころ

その辺もひととおりおいてありましたし、その能面に関する物語とか、能面の解釈とかそういったものも細かく書いてあり、とりあえずこころちゃんファンなら是非にといったところでしょうか。

まぁそれ以外にも二ッ岩マミゾウが出してる百鬼夜行っぽいのとか、

にとりでおなじみの河童を詳しく調べた書籍みたいなのとか、

茨城童子等でおなじみの鬼関連の資料とか

なんかいろいろと妖怪の歴史的なものがわかって面白かったです。

鎌倉時代あたりだとほんとに妖怪って言うのは怖がられてる対象だったりしたのかなーとか、思わせる描写が多いですし、何気に菅原の道真の怨霊関係の話が多かったりとかですが、

江戸時代になると色々とバリエーションが増えて、劇等で演じられる妖怪話等や百種妖怪すごろくとか、子供の遊び等に使われたようなものなんかもありました。

まぁその頃の物だと妖怪図鑑とか河童に関する考察本とかそういう系も面白かったりするのですが。

そうそう、中に入ると妖怪の種類なんかも書いてあるんですが個人的には物が妖怪化したようなのが見た目的に楽しいかなと。

そんなこんなでまぁ色々と東方関連やってると楽しめる大妖怪展。

やってるのは今週の末までなのでまだ見てない方は一度くらい見てみるのも良いかもですよ。

|

« 素人さんが雷ちゃんを作ってみた。 | トップページ | 東方コレクトと段階的アップデート »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大妖怪展:

« 素人さんが雷ちゃんを作ってみた。 | トップページ | 東方コレクトと段階的アップデート »