« ネット規正法 | トップページ | 風見周遊紀 »

同人ゲームの作り方

昨日、某所のチャットルームで同人ゲームのシナリオ集めの為?なのかな?……で、ランダム狙い撃ちみたいなのがあったみたいで、それに関連した話……と言うわけで策謀琥珀による同人ゲームを作るときの話です。

1.同人ゲームを作る際(特に初めて)の時はなるべく自分一人だけでも製作が可能なジャンルを選ぶ。

これは実際にゲームを作ったことがある方ならわかっていただけるんじゃないでしょうか?

一番最初に作るものはとにかく周りの人に信用されません。(私でもそうでした)

なにしろ、同人ゲームと言うのは企画出して最後まで作れる確率が1~2割とも言われる素敵なジャンルなので、一番最初くらいはそういったもので周りの人間を取り込むか信用させるかしないと誰もついてきてくれません。

2.他の人とやる場合は他の人が抜けた場合のことも事前に考えておく。

ある程度作れるような人の場合、メンバーもそれなりについてきてくれます……。

……が、この場合も相手の都合等もありますし、いつ何時どういうことがあるのかなんてのは誰にもわかりません。

そして、メンバーが抜けて中座する場合は、今まで作ったものが無駄になってしまいます。

……よって最悪の事態を考えて作っていくのはセオリーともいえるでしょう。

3.自分がやるパートはなるべくそのプロジェクト内における中核部分を担うようにする。

これも1.2にある程度かかります。

同人ゲームの場合、自分自身が旗を振って先陣を走っていないと他の人がついてきません。

ADVでやるならシナリオか絵師がベスト。そのどちらも出来ないという人でも最低限スクリプターくらいは受け持つようにしましょう。

4.良い物を作りたい場合は最初に報酬を決めておく。

後から決めるのはとにかくトラブルの元になりやすいです。
……また、トラブルになると新規メンバーだけでなく、今まで居た人が抜けることにもなる為、こういったことは最初の段階で決めておいたほうがいいです。

5.開発スケジュールを正確に把握しておく

複数人数で作っている場合と長編物を作っている場合にこれは肝になります。

……と言うのも、開発スケジュールが自分で把握できる場合、どのくらい伸ばせばどの程度完成してくるかと言うのも自分でわかるようになりますし、そういうのがわかってくれば他のメンバーの負担も多少減らせますし、完成にも大きく近づくからです。

……よって、開発スケジュールを見る能力が高いリーダーはやっぱりそれなりに優秀だと言えるのではないでしょうか。

とりあえずは、こんな所です。

他にも細かなものはいっぱいあるかなと思いますが、参考になりましたでしょうか?

割とここは間違ってるーーみたいな指摘もありそうですが、そういう場合は教えてもらえると助かりますということでっつ♪

|

« ネット規正法 | トップページ | 風見周遊紀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同人ゲームの作り方:

« ネット規正法 | トップページ | 風見周遊紀 »