« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

「日本のコンテンツ、ネットのせいで沈む」とホリプロ社長

「日本のコンテンツ、ネットのせいで沈む」とホリプロ社長

これは、まぁ間違いなくある程度はあっているんだろうなぁとは思ってたり。

とりあえず、テレビとネットは『間違いなく違う物』なので堀社長が言うとおり『(ネット上で必要な)コンテンツが欲しいなら、ネット事業者はペイするビジネスを提案すべき』だと考えています。

とりあえず、24時間ほぼずっと放映しているテレビと違って、ネット上で必要なコンテンツというのはある程度限られてくるので、あくまで『ネット上で必要なコンテンツ』を考えてですけれど。

後、現状における位置把握とかを考えると結構な制作費を使って作ったものがただで手に入るという現状はさすがにまずいだろうという感じでしょうかね?(そこら辺は前の日記でも書いてますけれど)

そこら辺は流石に考え直すとして、これからの時代はネットがあることを視野に置きつつ新しい販売方法等を考える時代に来たんじゃないかなとか思ってます。

……ただ、ひとつ思うのは日本のテレビ番組はなんであんなにいっぱいチャンネルがあるのかということとかもあるんですよね。

そして、皆一同に似たような方を向いて番組作っているのとかw

大体、『分かりやすく作るからつまらなくなる』とか『昔のテレビ視聴者は大人だった』とか『日本のドラマは1クールが短すぎ、海外では売れない』なんて自分で言ってて恥ずかしくないんでしょうか?

……だったら、多少他の番組の分の制作費を回して来るとか時間調整するとかして、『面白い』と思える番組作ればいいじゃないかとか思いますし、昔の事なんて考えずに『今』の時代を見据えて番組作るとか、『海外でもちゃんと売れる質のドラマを作る』とか思うほうが有意義じゃないかなとか?

まぁ、そこら辺はシンポジウムの席上なので自分で言っててわかってるんでしょうけれど。

とりあえず、私は正直なところ、テレビ番組なんてろくすっぽ見てない状態の生活を毎日続けていますが、それで今のところ困ってはいない。

って言うか、なくてもそれほどは困らないような状態だったりしてます。

割と人気があるような番組はちょっと気になるんで見てみたりしますけれど(ここんところではライアーゲームが面白くてずっと見てました……っつてもだいぶ前ですかね?)ぶっちゃけテレビ番組を毎日欠かさずチェックするくらいだったらモンハン2ndG進めるかぱちゅこんあたりやるかゲーム作ったりするかといった感じで違うことに時間回したほうが有意義な気がしますもん。

まぁ、そんな感じで結構長い話になりましたが、もうそろそろインターネットとテレビ番組というもののあり方を見直すべきときが来たかな……と琥珀は思いますがどうでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・ワンクリックタイーホ

GIGAZINE

ワンクリックタイーホの冤罪関連。

まぁ、見ればわかりますが、所持で逮捕できるようになれば、本当に冤罪で捕まると言う良い例です。

……凄いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

児ポ関連でワンクリックタイーホ。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1105906.html

ワンクリックタイーホって凄いと思います。

それにしても……児ポ法は日本でも強化されるみたいですが、こんな感じのを使ってワンクリックタイーホとか飛んだ先でIPとか住所とか調べられてゆすられる詐欺事件とかいっぱい起こりそうです。

『タイーホされたくなければ金払え!!』

なんてメールが貴方の元に届くわけで……。

そうなるとやっぱ怖いから払う人も結構いるだろうなぁ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準児童ポルノ

「準児童ポルノの根拠は」──MIAUがユニセフ協会に公開質問

「『ダウンロード違法化』阻止、まだチャンスある」 

ユニセフ協会とは何ぞや?

児童ポルノの単純所持禁止にアニメ・マンガ・ゲームは含めるべきか否か?

日本ユニセフ協会が子どもポルノ根絶に向け署名活動、特設サイト開設

この所、言論と自由に対する戦争が盛んに行われている感じで、そこら辺の論争が凄い事になってるなぁとかけっこう思います。

とりあえず、準児童ポルノにダウンロード違法化に人権擁護法案ですが、どれも人の自由を制限するのと同時に冤罪を作りやすく、権力者の意のままに人々を操りたいと言うのが見え隠れして居るんですよねぇ。

権力者にとっては不祥事がもみ消せないネット社会とネット社会の住人ってのがやっぱり怖いのかなぁと言う部分が結構あるのでしょうか?

……んでとりあえず、児ポ関連の統計です。

■強制猥褻被害者数統計
    総数 未成年総数 幼児 小学生 中学生 未成年他 成年
1986 2291  1642     134  801   294    413    649
1987 2404  1693     143  801   313    436    711
1988 2867  1953     142  892   332    587    914 ←2月、TV「レモンエンジェル」放送
1989 2759  1824     140  810   292    582    935
1990 2730  1738     101  656   288    693    992
1991 3176  2099     146  903   340    710    1077 ←1月「成年コミック」マーク登場
1992 3505  2223     141  932   344    806    1282
1993 3581  2232     145  901   318    868    1349
1994 3580  2260     141  888   360    871    1320
1995 3644  2424     142  1050 . 321    911    1220
1996 4025  2555     105  908  . 396    1146   1470
1997 4398  2907     111  1032  493    1271   1491
1998 4251  2798     114  1013  432    1239   1453
1999 5348  3494     112  1190  564    1628   1854 ←児ポ法1999年11月1日施行
2000 7412  4602     135  1442  757    2268   2810
2001 9326  5849     171  1736  918    3024   3477
2002 9476  5785     134  1554  910    3187   3691
2003 10029 .6233     170  1790  889    3384   3796

児ポ関連(その2)
G8の1999年ないし2000年の強姦(件/10万人)
カナダ  78.08件   単純所持禁止   二次元禁止
アメリカ. 32.05件   単純所持禁止   二次元禁止(ただし違憲で無効)
イギリス 16.23件   単純所持禁止
フランス 14.36件   単純所持禁止
ドイツ.    9.12件   単純所持禁止
ロシア...  4.78件  
イタリア  4.05件   単純所持禁止
日本.    1.78件

ッテナコトでデータを見てわかるとうり、日本はその手の物に関しては結構モラルが行き届いている国のようです。

これで一通りの児ポ関連通った暁にはカナダ並みの素敵な強姦率になるかな?

とか思いますし、日本が誇るメディア関連の人々も泣く事になるでしょう。

手塚治虫、藤子不二雄、宮崎駿あたりの作品も当然全部ダメですし、ローゼンメイデンなんかも勿論ダメでしょうね。

ここら辺・・真面目に反対しないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前回の話の追記

ネット権とビジネスモデルの違いとして幾つか……。

基本的には権利とした場合、どうしても制御に問題があるが、ビジネスとして配信する場合はやり方次第で進展させる事も可能。

また、ユーザー側としても自由製作する事が出来なくなるため、イマイチな部分が多い。

逆にビジネスモデルの場合は、きっちりと製作したモデル側に利益誘導する必要性があるかな。

そして、現状で誘導するためにはニコ動とかようつべみたいなユーザーが投稿する系のサイトに協力して貰う必要がある。

例えばニコとかようつべ系にアマゾンのようなリンクを張ってもらえれば、買ってくれる人間もいるのではないだろうか?

また、法としては現状のままで良いため否定的な意見も少ないのではないだろうか。

私的にはそう思っています。

着うた等のような感じで落としてもらえれば、権利者にも入る気がしますし、現状で上がってくるのを止める事が不可能だとするならば、逆にその環境を利用して『見ることは出来ますが多少払ってもらいます』の方が利用者側としては納得がいくかなと。

また、権利者側が提供した環境での視聴に誘導する場合は支援もしやすいですし、わざわざアップロードしようとする人間を止める事にもつながります。(何しろ一番速く見れるのは権利者側がアップした物ですし、それ以外のは消える可能性が高いとなってくれば危険を犯す分痛いだけですから)

まぁ、後は視聴する際の環境をどう整えるかもありますけれど……。
そこら辺はまぁやり方次第でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットアニメのオンラインゲーム化

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/03/17/18834.html

ネット権。

とりあえず、国の政策として法律化するのはあまりにいただけないと思った今日この頃です。

基本的にはこういった物を制定するのではなくビジネスモデルとして何か違う物を模索するのが良いのではないかと思います。

例えば、ニコニコ動画やらようつべなんかがかなり流行っていますが、こういった物が流行っているのは単純に見たいアニメ等を見るのに便利が良いからという方も多いかなと思います。

……ですが、実際の所、別にニコ動やようつべで見なくても困らない人は困らないんですよね。(実際の所、ある程度働いていてこの手の物を見るのが好きな人は単純に最新アニメが見れて、且つ苛つかずに落とせる場所があればいいのにと思ってます)

それに、実際の所かなりさくさく消されるのとか、そう言うのを嫌う人なんかはかなりいらついていると思うので、逆に完全解放(H.264あたりで作れば携帯でも見れるかな?で月額コンテンツ的に徴収する)。

というのはどうかなぁと思ってみたり。

とりあえず……おそらく真面目にアンケートを採ればわかるかと思いますが、蔵等等の最新話がある程度の価格で確実に見れる……なら契約する人もいるのではないかなとも思いますし、ようつべとかニコ動でこちらで見てくださいとアンカー張っておけば多分そちらで見る方も結構いるでしょう。(働いている人にとっては100円200円程度の料金はレンタルビデオみたいなもんです)

言ってみればニコニコ動画コンテンツの一部で、よく削除される物を確実に見れる場所の提供。

まぁ、その手のコンテンツとしてはGYAOがあるんですが、あちらはあちらでそう言った所と提携(まぁそれなりに提携している所もあります)放映して有料価格帯放送番組を作る感じで行ければいいかもと思った今日この頃。

実際の所ネットワーク番組コンテンツって言うのは感覚的には行けると思うんですが、そこら辺に対する物として視聴者側では……

①一番組ごとにイチイチ払うのはめんどくさい。

②ネットワーク上なので、イチイチ払う方式だと回線切断等のリスクが伴う。

③頑張ればタダだしーー。

と言う部分があるんですよね。

③はどうにか対処して貰うとして、先ほどの①&②をうまく超えられる方法を模索するのが視聴者&権利者どちらにとっても有益になるかもしれないな……とか。

とりあえず……①や②に関しては見たい番組を予約して月末等に纏めて払う方式とか言うのが良いかも。(まぁ、言ってみればオンラインゲームのアイテム課金みたいな感じでその番組を購入視聴できるようにして&基本料金はタダ)

後は、月額料金固定の価格設定をしておいて、見られた数(ここら辺は履歴的にIDを保存しておく必要がある)によって収益を分配する方式と言うのも良いかな?

ここら辺に関する見解は色々あると思いますが、ネット権と言うどう考えても視聴者側に忌み嫌われそうなモデルよりはそういった感じで行ける方法を模索して欲しいと思う琥珀でしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

制作中

Bord ってなことでちる○いとボードゲームの製作進行報告……。

ボードゲームの方はある程度のプレイは出来るとこまできましたけれど……。

こっちはまだ先でも良いかなぁと思い始めたりw

んでち○のいの方……。

こっち側をメインに据えようという感じでプロジェクト変更し始めました。

具体的には使用できるキャラとか対戦できるキャラの選択できるようにし始めてます。

なんかメインプロジェクトの方がイマイチ進展が悪い感じなんですよねぇ。

うーーーー何時上がるんだろ(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反戦運動

チベット暴動(毎日新聞)

ニコニコでの現地の取材

九条の会 → 無視
http://www.9-jo.jp/

9条ピースウォーク → 無視
http://homepage3.nifty.com/peace_walk/Welcome.html

ピースウォーク → 無視
http://pwkyoto.com/

ピースウォーク金沢 → 無視
http://ameblo.jp/yes-peace/

平和を望む東大生の会 → 無視
http://peacetea.hp.infoseek.co.jp/

ストップ!「報復」戦争・市民の会 → 無視
http://www1.ocn.ne.jp/~sinryaku/stophoufukuwar.htm

不戦のネットワーク → 無視
http://www.jca.apc.org/~husen/index.htm

反戦・平和アクション → 無視
http://peaceact.jca.apc.org/

反戦な家づくり → 無視
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/

反戦共同行動 → 無視
http://www.anti-war.jp/

反戦と生活のための表現解放行動 → 無視
http://d.hatena.ne.jp/posada/

反戦しない反戦団体のために……反戦しましょう。

とりあえず、私はアメリカ寄りでもなければ中国寄りでもないんで。

戦争のない世の中って難しいのかもしれませんが、それでも反戦を掲げるのなら中国の問題を掲げるべきでしょう。

そうでなければ、反戦団体ってのは単なる中国の狗と呼ばれても仕方ないんじゃないかなと思う訳です。

今本当に反戦を掲げられるかどうかはこの問題を扱うかどうかにかかっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eratohoR32R

eratohoR32R

R32をちょっとだけ改造。

まぁ、前回のバグ取りが主ですねぇ。

後、3人専用コマンドの追加もしておきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エロゲとゲーム媒体

エロゲ関連やってると、確かにこのゲームエロ無くてもいけるんじゃね?

とかそう言った恋愛物が多い一方、エロがないとやっぱりやれないようなゲームも多い気がしたり。

基本的には葉鍵とか月みたいにシナリオだけで読ませられるような文章を書ければそれに越したことはないわけですが、ソレが出来ない所なんかだとどうしてもエロに頼る部分は増えると思うんですよねぇ。

ああ・・後、私的には恋愛系やったら最後は行く所まで行かないとなんてーか面白くないんで、例え無くてもいけるとわかってても最後にやりたい人ですw

まぁ、そこら辺飛ばしちゃう人も結構居るらしいですし、私も飛ばす時もありますが、そこら辺もやっぱりシナリオによるかなぁ……とか。

シナリオ的に急にエロシーンの描写だけ濃くされてもなんか冷める所があったり無かったりなのですよねぇ。

やっぱ……シナリオに有った感じのエロシーンの方がシナリオ重視のゲームには合うような……。

そんな気がする琥珀でしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコニコ動画と著作権

ニコニコ終了のお知らせ

どうも著作権関連が全体的に無くなる模様……。

とりあえーーず……どのくらい消えるかにも寄るのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FLV関連幾つか消去

まぁ、気分的に……かな。

理由は幾つかあるのですが、主にニコニコWIKIがそれなりに繁盛しているので、うちは引退しようかなぁとか思い始めた事ですか。

正直なトコ、VD等での設定を一々書くのもめんどくさくなってきたし、TOPページ等のアクセス数も全然無いんで微妙にやる気無くなってたんですよね。

ま...新技術については他の人に任せるんでこっちはこっちでのんびりといきますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオカミと香辛料

ケンローさん

大人気のオオカミと香辛料の4コマ……。

テレビアニメの方も良いですがこっちはこっちでGOODかと。

とりあえず……ケンローさんかわいいです(頭悪くて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同人ゲームとエロゲの話

何となく色々話題が出ていたので自分的な感想を一つ。

簡単に纏めるならそもそも同人と一般エロゲの業界は別物だと思います。

例えば、原画さんとかに関しては、エロゲの業界で会社内でずっと描かせる場合の時間は相当な時間になると思う訳ですが、一般的な同人ゲームの場合は人とか組織に寄るかと思いますが、相手の都合に合わせて変わってしまうのがデフォルトだったりするので、絵が上がるのとかも結構時間がかかったりするのは当たり前、絵の枚数等だってエロゲと比べりゃ一般の同人ゲーム業界では基本的には少ない世界になります。

価格等に関しても、エロゲと同人ゲーでは基本的に違う物だと思います。

エロゲの場合は6000~8000円という結構な値段で売る事が可能で、儲かるときには大きな金額になりますが、同人ゲームの場合は普通に1000円とか言う価格なので、結構な数が売れても儲からない事が多いです。

まぁ、同人業界側には割とその規定を大幅に外れるゲーム等が存在しますし、儲け度外視で人数集めまくってつくるとか言うのもありますから一概に当てはまる訳ではないのですが……。

後、同人ゲームの場合は売れなくても生活に困る事はない人間ってのが普通ですから、ゲームで製作している人々とはそもそも条件違っちゃいますし、同人で生活している人でも絵師さんやら音師さんなら普通に同人誌やら音楽CD出してたりしますから(趣味の製作組織ですし)。

結論的には、エロゲ業界から人材流出して色んな所に出てってるってのは確かかもしれないですが、同人側に流れているからとか言う訳でもないし、同人にしたって当たる確率はエロゲ業界以下なのがデフォルトなので、結局の所売れる所は売れる。

そうでないところは結局何処行っても一緒なんじゃねーかなと思った今日この頃でしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講座更新NIVEその3

……と言う訳でさくさくと講座更新しました。

今回はNIVEによるふ○ぎゅ系M@Dの作り方。

割とこういうのは応用次第で色々とおもしろい物になるかな?と思います。

上手くいったらこれ幸いって感じで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »